もりの小学校 > 算数 > 文章問題 >つるかめ算

鶴亀算:つるかめざん

鶴亀算
 つるかめ算基礎
●つるかめ算2練習●
 タコとイカ
● タコとイカの数練習
 ノートを買ったとき
 ボートの数
 じゃんけん1
 じゃんけん2
 じゃんけん3
● じゃんけんドリル
 リンゴとミカン
 自動車の販売(表 平均)
 サッカーの試合(表 トーナメント)
 ウサギが走った時間は(時速)
つるかめ算っていうのは、日本に昔からある計算問題です。
これが、代数という数学の基礎になりますけれど、その前に問題が良い。
どう良いかっていうと、問題がとってもくだらなくて、面白い。
だいたいツルの足とカメの足を数えるなんて非現実的、頭の数を最初から数えればいいじゃない。
それを真面目に考えるのが面白い。
算数はなぜ役に立つかって聞く人もいるけれど、
「こんなに面白いことを考えられます。」
って言うのは答にならないでしょうか。

と10年ほど前は考えていました。
でも、今は、こんな面倒なこと止めよう、はやく方程式を覚えた方が良いと思います。
そこで、方程式の学習に変更します。(2012年)
これなら、誰でも簡単に問題が解ける!!!
(2014年再改訂 非java化)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参考文献:
中学への数学2002・5月号
桐光学園、2002年
賢明女子学園、2002年
関西学園、2002年
頭が良くなる数学パズル、逢沢明、PHP
○×クイズで算数クリアー、文理
つるかめ算が3時間でマスターできる、歌丸優一、明日香出版社