分数の比を簡単にする

比を簡単にしましょう


=9:10

分数の比を簡単にするには、まず通分します。

すぐいくつに通分したら良いかわかればそれで良いのです。
ここでは、簡単な通分の仕方を覚えましょう。
1)分母を共通な割れる数でどんどん割って
2)もう割れなくなったら
3)たすき掛けをすると 通分ができます。
図でやってみましょう。

つまりこんなふう。
1、まず通分する。
  通分するには、いろいろな方法があるけれど
  通分するのに、上のようにすると 分母の4と6の公倍数12が
  簡単にみつかり、通分できます。
  ここでは、2で割りましたが、
  他に割れる数があれば、何回か、わり進みます。
  そうして、上図と同じようにたすき掛けにかければ、通分できます。
2,次に、分数に分母と同じ数12をかける
 こうすると、どちらの分数も分母が消えて簡単な比になります。
(よくわからない場合は、もう一度くわしく書きなおします
 そのとき、どこが良くわからないかを伝えてください。)

通分できれば、後は簡単な比になります。

通分したら、両方の分数の分母に当たる数 をかければ良いんです。
この場合は、分母が12ですから、両辺に12をかけると
9 : 10 = 9 ×12: 10 ×12
12 12 12 12
 
= 9 : 10
こうして 9:10  になります。
分数は通分すれば、簡単な比に直るのです。
次へ進む