速さの問題

時速はなかなか難しい単元です。
だって時間と距離と速度という3つの単位の違う数字が現れてくるんだもの。
それに、速さは、距離を時間で割った目に見えにくい単位です。
そこで基礎からじっくり扱って分かるようにしてみました。
この単元はじっくり時間をかけて速さというものを扱っています。
動物の速さ、魚や乗り物の速さなど様々な速さを扱いながら
速さについてだんだん理解を深めていけるような単元を考えてあります。
そして、応用として流水算などの昔から親しまれている文章問題を入れていこうと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
時速は、小学校の教科書では時間と距離から学習するようになっています。(2013年)
けれど、ピアジエが、速さの理解は、
古典物理学における速さ=走行距離÷走行時間とは無関係であり、
もう少し直感的に理解するのだと示したのは、1946年のこと。
そこで、もりの学校では、そういった研究に従い、
1,まず速さの理解から始まって、
2,速さから距離を求める
3、距離と時間から速さを求める
4,距離と速さから時間を求める
という順番に学習していくことになっています。

旅人算